IMAGIC BLOG

アイマジック開発ブログ

Home » ノートPCの救世主!?

ノートPCの救世主!?

ノートパソコンで鉄道模型シミュレーターなどのDirect3Dタイトルを実行する場合、最大の問題はグラフィックの遅さです。
多くのノートパソコンは、コスト、消費電力、大きさなどの制約からチップセットに内蔵されているグラフィック機能を使用しています。チップセット内蔵のグラフィック機能は、webブラウザ程度であれば問題ありませんが、3Dについてはかろうじて動作するという水準でした。
デスクトップ機のようにグラフィックカードを載せ替えるというわけにもいきません。(一部の機種はチップを差し替えることでパワーアップできます。例外ですが。)

ベストな解決策ではありませんが、次善の策としてノートPCのカードスロットにビデオカードを増設するという手段が昔からあります。ただし、この種の増設カードは際物な製品が多く、効果は??でした。
正式発表されたASUSTeKのGeForce8600GTユニットは、過去の製品とはことなり、「高速なGPU」を「高速なExpressCard」で接続しています。バス上の信号のやりとりがボトルネックになりますが、実際のゲームではデータ転送に伴う速度低下より、GPUそのものの性能アップの方が遙かに大きいので、非常に期待の持てる製品です。

詳細については、PC Watchの記事をご参照ください。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0527/asus.htm

Name of author

Name: admin