IMAGIC BLOG

アイマジック開発ブログ

Home » 都会の未成線「京浜急行線」

都会の未成線「京浜急行線」

最近、旧田町電車区の謎の高架橋(知る人ぞ知る!?)が、再開発工事にともない「よく見える」ようになっています。

品川駅から東京方面へ出発する東海道線の車窓を眺めていると、田町電車区の伊皿子群線に謎の高架橋が出現します。以前は、高架下倉庫などに使われていたようですが、現在は、再開発工事により建設当時の状態がよくわかるようになっています。


品川駅からほどなく、高架橋へ接続するスロープが見えてきます。


スロープは一部が現存しています。スロープの上には、樹木が育ち、長い年月を感じさせます。


高架橋は、ラーメン構造です。


徐々に高度を上げていきます。


順調に伸ばしていくかと思ったところで工事中断。

この高架橋は、戦前に計画された「京浜急行線」の未成線です。(この話題では定番ですが、京急とは全く関係ありません。)
品川駅から京浜線の急行線と横須賀線を合流させ、東京駅まで京浜緩行線と別線にする計画でした。計画は、昭和17年に中止されます。
ここで合流した横須賀+京浜急行線は、田町駅を過ぎた当たりで高架橋により、山手+京浜緩行線を超えていきます。この高架橋は現存しませんが、新幹線が建設される前の航空写真にその姿が写っています。

Name of author

Name: admin