IMAGIC BLOG

アイマジック開発ブログ

Home » VRMONLINE-NX スクリプト仕様変更しました

VRMONLINE-NX スクリプト仕様変更しました

βテストにご参加いただきまことにありがとうございます。

ビルド55を公開しました。

GetPosition()などのスクリプト関数の仕様を変更しました。仕様を変更した関数について、βテストご案内ページに一覧を掲載しています。
仕様変更にあわせて、スクリプトの書き換えをお願いします。

各関数の詳細は、スクリプトマニュアルをご参照ください。

GetPosition()は、データを関数の戻り値で返します。データは、list型です。

このバージョンでは、カメラモードについての関数を追加しています。SetViewGlobal()で、システムカメラの切り替えができます。

下記サンプルは、編成がID=5、地上カメラがID=8で設置したレイアウトのスクリプトです。

ボタンで、システムカメラの切り替え、表示対象を編成、地上カメラと切り替えることができます。

#LAYOUT
import vrmapi


def vrmevent(obj,ev,param):
    if ev == 'init':
        obj.SetEventFrame()
    elif ev == 'broadcast':
        dummy = 1
    elif ev == 'timer':
        dummy = 1
    elif ev == 'time':
        dummy = 1
    elif ev == 'after':
        dummy = 1
    elif ev == 'frame':
        vrmapi.ImGui().Begin("win1","Sample Window")
        vrmapi.ImGui().Separator()
        vrmapi.ImGui().Text("ボタンテスト")
        
        train = obj.GetTrain(5)
        tpos = train.GetPosition()
        vrmapi.ImGui().Text("編成座標 =>"+str(tpos[0])+"  "+str(tpos[2]))
        
        cpos = obj.SYSTEM().GetGlobalCameraPos()
        vrmapi.ImGui().Text("SYSカメラ座標 =>"+str(cpos[0])+"  "+str(cpos[2]))

        if vrmapi.ImGui().Button("b1", "システムカメラ切り替えボタン"):
            if obj.IsViewGlobal():
                obj.SetViewGlobal(False)
            else:
                obj.SetViewGlobal(True)

        if vrmapi.ImGui().Button("b3", "地上カメラ"):
                obj.SetView(8)
        if vrmapi.ImGui().Button("b4", "編成カメラ"):
                obj.SetView(5)

        if obj.IsViewGlobal():
            vrmapi.ImGui().Text("システムカメラ")


        vrmapi.ImGui().End()
    elif ev == 'keydown':
        dummy = 1
システムカメラに切り替え
地上カメラに切り替え
編成カメラに切り替え

Name of author

Name: imagicdev