「TOMIX」カテゴリーアーカイブ

NX-TOMIX 木造跨線橋

木造跨線橋

トミックスセット2に収録される「木造跨線橋」です。

トミックスのストラクチャーでは、初期から存在する「木造跨線橋」です。各地の国鉄ローカル線でみることができた標準的なタイプです。この時代より少しあとになると、鉄骨+コンクリート板タイプが全国的に建設されるようになります。

模型製品は、鉄骨に板を張り合わせた構造です。補強材の構造も再現されており、現在でも十分たえるディティールがあります。

木造跨線橋

モデル化にあたり、鉄骨構造のポリゴン化、窓のポリゴン化など、模型製品のディティールを再現することに注力しました。
レイアウトシーンにご活用ください。

NX-TOMIX 木造駅舎

木造駅舎グリーン

新しいトミックス木造駅舎の部品です。現行製品のグリーンタイプを部品化しています。

ポリゴン数を大幅に増加。窓枠などをポリゴンで立体的に表現しています。

新しい木造駅舎は、夜間に点灯するライトを組み込んでいます。ローカルな夜景をお楽しみください。

トミックスセット2は、1/28発売予定です。

NX TOMIX トミックスセット1発売開始

TOMIX SET 1

大変お待たせいたしました。トミックスセット1の発売を開始しました。

鉄道模型シミュレーターNXは、本日よりDirectShopにてお取り扱いを開始しました。DirectShop版は、DirectShop専用ケースでのご提供になります。
ダウンロード版は、DMM GAMESにて12/7より発売を開始します。その他のダウンロード販売サイトも登録手続きが完了次第、お取り扱いを開始します。

VRMONLINE-NXは、パーツショップでお求めいただけます。

第2弾は、2022年1月にご提供できるよう開発をすすめています。ご期待ください。

NX-TOMIX ポニートラス鉄橋

ポニートラス鉄橋

制作最終段階のポニートラス鉄橋です。先程、ポリゴンの最終チェックが終わりました。

模型製品と同様に、鉄橋桁、トラス部分が別パーツになります。組み合わせで複線化、トラムレールとの組み合わせなどをお楽しみいただけます。

トラス部分もポリゴンで細密に再現しました。

NX-TOMIX 島式ホームセット

12/1発売予定のトミックスセット1を使った島式ホーム駅の作例です。

作例は山手線車両を配置しました。

島式ホームセット、橋上駅舎(近代型)などを使用しています。島式ホームセットのホーム上面、側面の石積みなどは、本物の駅ホームからテクスチャーをつくりました。駅名標などは、高解像度テクスチャーで製品を再現しています。

トミーテックの許諾を受けて開発しています。

NX-TOMIX 第一弾12/1発売予定

鉄道模型シミュレーターNX トミックスセット1の発売日が決定しました。

12/1発売予定です。製品情報を公開しました。

トミックスセット1 : PCレール、島式ホームセット、中型ビル

本製品は、ダウンロード販売サイト、アイマジックダイレクトショップでお取り扱いします。VRMONLINE-NXは、パーツショップにてお求めいただけます。

現在開発中の第2弾、第3弾の製品情報も掲載しました。あわせてご参照ください。

この製品はトミーテックの許諾を受けて開発しています。

NX-TOMIX 単線高架区間

新しいポリゴンモデルになったトミックス高架橋、橋脚の組み立て例です。PC橋脚は、模型製品のエッジにあるベベル、排水パイプもポリゴンで再現しました。

トミーテックの許諾を受けて開発しています

開発中の部品についてのお問い合わせはお受けできません。リリースに関する情報は、このブログにてご紹介させていただきます。

NX-TOMIX N-PR(L)280-30(F)

開発中のNX-TOMIXからPR(L)280-30です。

半径280mmのカーブへ分岐するポイントです。木製の枕木、ポイント部分をポリゴンで表現。ポイント部は分岐方向にあわせて動作します。

トミーテックの許諾を受けて開発しています。

開発中の部品についてのお問い合わせはお受けできません。リリースに関する情報は、このブログにてご紹介させていただきます。

NX-TOMIX N-PR541-15

N-PR(L)541-15(F)

複雑なポリゴンで再現されたN-PR(L)541-15(F)です。

分岐部分のレールも別体のポリゴンで構成、切替時に動作します。枕木は、木製でこちらもポリゴンで模型製品を再現しています。

旧バージョンでは、区別がなかった手動ポイント、電動ポイントをそれぞれ部品で用意しました。手動ポイントを配置したレイアウトの価格判定がAIで実行できます。(機能に差はありません。)

トミーテックの許諾を受けて開発しています。

開発中の部品についてのお問い合わせはお受けできません。リリースに関する情報は、このブログにてご紹介させていただきます。