「VRMCLOUD」カテゴリーアーカイブ

VRMCLOUD Androidアプリ更新

VRMCLOUDのAndroidアプリを更新しました。

64ビット環境のネイティブ対応とGoogle Playの新しい規約への対応を含みます。

ネットワーク関連など、いくつかAPIの置き換えが必要になったため、Androidの対応バージョンが8.0以上になっています。すでにインストールされている方で7以前のAndroid端末をご利用の場合は、現在のアプリを更新せずにご利用ください。機能面での違いはございません。

NX対応のモバイルプレイヤーは、開発中です。V5系統のゲームエンジンとはことなるため、エンジンを統合して1アプリにまとめる必要があるため、VRMNXのある程度仕様が固まった時点で本格的な実装作業に入る予定です。

Andorid 8対応について

VRMCLOUDのAndroidアプリについて、Google Playの規約にあわせて、Andorid 8対応、64ビット対応に仕様変更となります。(アイコンのデザインも新しい規格にかわります。)

現在、64ビット版をテスト中です。テストが完了しましたら、アプリの登録を更新いたします。

VRMCLOUD Android 8.0対応について

VRMCLOUDのAndroid対応アプリについて、Google Playのポリシーにより次回更新からAndroid 8.0以上対応に変更となります。

現在、Android8対応版の開発テストを行っています。ハードウェアチェックなどが完了次第、公開する予定です。

VRMONLINE-NX 国鉄205系ドア対応

VRMONLINE-NXβテストへご参加いただきまことにありがとうございます。

国鉄205系のドア開閉対応モデル、蒸気機関車のNXシステム対応モデルを登録しました。

蒸気機関車は、NXシステムの車体構造に対応したモデルになっています。NXシステムでは、実物車輌の構造を再現するため、車体位置の決定に寄与する台車とそれ以外の台車に属性を分けています。

蒸気機関車、旧型電気機関車にみられる大型構造の台車と付属台車の組み合わせでは、大型台車の動輪が車体の位置を決定、その後、自由度の高い付属台車の位置を決定します。先に決定される動輪が、自動センサーの検出対象になります。

【重要】VRMCLOUDの「auかんたん支払い」終了についてのお知らせ

平素は鉄道模型シミュレーターをご愛用いただきまことにありがとうございます。

鉄道模型シミュレータークラウドにつきまして、9月末日を持ちまして「auかんたん支払い」の契約が終了いたします。
大変ご面倒をおかけいたしますが、「auかんたん支払い」をご選択されているユーザー様にはVRMCLOUDの公式webサイトよりご決済方法の変更をお願い申し上げます。

大変お手数をおかけし申し訳ございません。
今後も鉄道模型シミュレーターをご愛用いただけますようお願い申し上げます。

国鉄EF81 303、通常販売版リリース開始

国鉄のステンレス電気機関車「EF81 303」の通常販売版を販売開始しました。(画像は、ブルートレインのヘッドマークを装着した状態です。)

鉄道模型シミュレーター5向けは、下記リンク先のダウンロード販売サイト「Magino Drive」様にてお求めいただけます。

鉄道模型シミュレーターオンラインの場合は、部品販売ページにてお求めください。

※プレミアムトレイン「EF81 303」の通常販売版になります。通常販売版は、チケットなしでお求めいただけます。

※弊社通信販売ダイレクトショップのプレミアムトレインチケットを必要枚数お持ちの場合は、VRM5プレミアムトレイン「EF81 303」をお申し込みください。