「VRMCLOUD」カテゴリーアーカイブ

新バージョン準備中

開発環境の切り替えによる大規模更新を現在、準備しています。

鉄道模型シミュレータークラウドは、標準Androidアプリストア向けのクラウドプレイヤーのリリースを計画しています。大幅な機能アップ、処理速度向上などを行ったアプリをAndroid端末でお楽しみいただけるようになります。

鉄道模型シミュレーター5/ONLINEは、コンパイラの切り替え、SDKの変更を行いました。Windows10への一部機能の最適化などを行っています。

それぞれご提供時期になりましたら、あらためてご案内いたします。

 

北斗星第三弾公開

 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

自作車両「北斗星北海道編成」を公開中です。オハネフ25、2種類を鉄道模型シミュレーター会議室にて公開しています。(自作車両のご利用にはVRMCLOUDのアカウントが必要です。)

ohanehu2515

北斗星北海道編成公開中

北斗星北海道編成の「自作車両データ」第1弾、第2弾を公開中です。

会議室の自作車両スレッドからダウンロードしてください。(ご利用にはVRMCLOUDアカウントが必要です。)

オハネの小窓の違いなど、改造車ならではのディティールをお楽しみいただけます。車両は、完成したものから順次、公開を予定しています。


25561

自作車両ツール新バージョン公開

自作車両ツールの新バージョンを公開しました。vrmcloud.netのPCページよりダウンロードできます。

内部にロードしたポリゴンの解析処理を強化しました。エッジが先鋭的になります。また、孤立ポリゴンなどの注意情報を充実しました。

ツールのテスト用に湘南を走るつり掛けの連接車体車両を製作しました。会議室にて公開しています。


eno2

自作車両ツール、新バージョン開発中

自作車両ツールの新しいバージョンを開発しています。

内部のポリゴン解析コードを改良。ポリゴンのエッジ周りの表現、フラットなサーフェースの表現などを改訂しています。

写真は、新バージョンのテストにあわせて用意した自作車両データです。ツールの公開にあわせて、新作車両の公開を予定しています。

VRMCLOUD公式サイトをリニューアルしました

 

 

VRMCLOUD公式サイト(vrmcloud.net)をリニューアルしました。新しいレスポンシブデザインベースのCMSにより、モバイル、PCでの利便性が向上しています。

※サイトの表示内容が更新されない場合は、ブラウザの更新ボタンを押してブラウザキャッシュを更新して下さい。

cloudweb

vrmcloud.netのリニューアルを記念して、自作車両VSEを登録しました。鉄道模型シミュレーター会議室にて配布しています。

vse