VRMNX NX005/006リリース開始

鉄道模型シミュレーターNXに7mmレールを導入するNX005、NX006をリリースしました。

在来線がリアルスケールになる新しい7mmレールと架線柱、高架橋、トンネルなど一挙リリースしました。ダイレクトショップにてお取り扱いを開始しています。

金曜日には、DMM GAMESにでダウンロード販売をスタートする予定です。

VRMONLINE-NX 7mmレールリリース開始

VRMONLINE-NXにて、7mmレールと関連部品のリリースを開始しました。

国鉄JR在来線のNゲージスケール、1/150の車両にあわせて設計した7mmレールの基本セット、新規格のトンネル部品、各種架線柱、築堤、高架橋をリリースです。

7mmレールは、実際の複線間隔に近い28mm複線間隔と、従来規格の34mm複線間隔のカーブレールを含む、基本的なレールのセットです。今後、カント付きカーブレールなどをリリースする予定です。

新しいレールとあわせて使用するトンネル、架線柱、築堤、高架橋もリリースしました。VRMONLINEパーツショップよりお求めください。

VRMNXは、次回セット製品にて7mmレールをリリースする予定です。リリース準備ができましたら、お知らせいたします。

VRMNX 新規格トンネル

開発中の7mmレールにあわせて新しい規格のトンネルを制作しています。

VRMのトンネル部品は、VRMの歴史で初期に開発された部品です。当時のGPU性能にあわせて設計されています。開発中のトンネル部品は、現代のGPUにあわせてポリゴン数を大幅にアップ、トンネル内部のポリゴン数節約をやめてポータルの断面形状と同じ形にしました。

ポータル、側壁、トンネル内部のすべての部品を新規格で設計、制作しています。

レンガトンネルは、プラットホームがトンネルに囲まれている横須賀線田浦駅を参考に制作しました。

VRMNX 鋼管架線柱

7mmレールのリリースにあわせて、鋼管架線柱の開発をすすめています。

近年、設置がすすむ鋼管タイプの架線柱です。

34mm複線、28mm複線のそれぞれにあわせた架線柱を制作しています。34mm複線用の架線柱は、既存のレール部品でも利用可能です。

サーバーメンテのお知らせ

本ブログを含むメインサーバーにつきまして、データセンターのサーバーメンテナンスのため、5/31、23:00-24:00の間、アクセスできない場合があります。

対象サーバー

imagic.co.jpサーバー

メンテ時間帯は、メインwebページ、VRMNX/VRMONLINE-NX、ブログ、アプリインストールがご利用いただけません。

NXスクリプト 自動システムサンプル

スクリプトのマニュアルを更新しました。

簡易な実装ですが、自動システムを構築するためのベースとなるサンプルコードを用意しました。下記リンクを開いてください。Python中上級者向けの内容になっています。

自動システムコードサンプル

Listで自動制御を実現するコマンドを記述します。リンク先にコードの詳細な解説を掲載しています。コマンドのエンジン、ユーザー定義ハンドラの実装などを参照してください。

コードはサポート対象外です。改変は自由です。このコードを参考に、完全版の実装をお試しください。

VRMNX PC架線柱

新しいPC架線柱です。数タイプのPC架線柱を制作しています。

新しい架線柱は、送電線、饋電線のガイシにジョイントを設定しています。トロリー以外にも電線を簡単に設置できます。

レイアウターも、トロリーハンガーとその他架線ジョイントを色違いで表示して、複数ジョイントの架線柱を編集しやすくしました。

VRMNX 架線柱

7mmレール計画にあわせて、新リビジョンの架線柱を制作しています。PC架線柱、鋼管架線柱、鉄骨架線柱の新しいモデルを開発中です。

写真は、近年新しい機器にリプレースがすすむ、重りタイプのテンションバランサーです。

新しい架線柱にあわせて、テンションバランサーの部品を準備しています。ポリゴン数のバランスをみながら、ディティールを表現しています。適度に配置することで架線の表現力が向上します。