VRM4010 VRM4010 VRM4010 VRM4010
VRM4010 VRM4010
車両 レール・ストラクチャー スペック VRM4010

 

鉄道模型シミュレーター4第10号は、九州地区を走行していた国鉄全盛期の車両をメインに、なつかしの昭和風景を再現できる商店、木造住宅などを収録しています。
東海道ブルートレイン「富士はやぶさ」は、14系、24系の混合によるバリエーション豊かな2007年時点の編成を細部にわたって再現しています。
鉄道ファンに人気のDF50ディーゼル機関車は、日豊本線で活躍していた九州タイプを収録。富士のヘッドマークをつけられます。九州でのブルートレインに欠かせないED76電気機関車は、国鉄、JRの2タイプを収録。
全国の急行電車ネットワークを支えた455/475系急行形電車は、ビュッフェ車を含む各形式を再現。多彩な編成を楽しむことができます。
ブルートレイン全盛期の再現に欠かせない14系寝台客車も登場。国鉄14系14型、15型より主要な形式をモデル化しています。

 

DF50ディーゼル機関車(国鉄宮崎機関区)

DF50

非電化区間の蒸気機関車を置き換える目的で開発された幹線用ディーゼル機関車です。138両が製造され、各線区で使用されました。

搭載エンジンにより発電、モーターを駆動する電気式ディーゼル機関車です。0番台はズルツァー社製エンジンを、500番台は、MAN社製エンジンを搭載しています。0番台と500番台に外観上の大きな違いはありませんが、使用線区により細部のディティールが微妙に異なる点が本形式の特徴です。

DF50 553
DF50 559

ED76交流電気機関車

ED76

ED76は、交流電気機関車の標準機ED75をベースに、九州地区のED72の後継として開発されました。客車暖房用に蒸気発生装置を搭載、搭載機器の増加に伴い車体長がED75より長くなっています。使用線区による制限に対応するため、中間台車は、空気バネの圧力変化により軸重を変えられます。
ED76は、 貨物列車からブルートレインまで幅広く活用できます。

ED76 90(国鉄)
ED76 90(JR九州)

455/457系急行形電車(国鉄鹿児島所属)

455/475系

交直流急行形電車として登場した451系、471系は、勾配区間で性能が不足する問題があり、ただちに後継形式が開発されました。昭和40年に登場する455/475系は、抑速ブレーキを装備、全国に広がる電化区間にあわせて増備が続けられました。

クモハ475-5
モハ474-5
クハ455-10
サハ455-1(※)
サハシ455-10
サロ455-18(帯あり)
サロ455-18(帯なし)

※サハ455-1は、金沢所属車両です。

14系寝台客車富士はやぶさ(2007年編成)

14系寝台客車(2007年編成)

東京発着のブルートレインとして伝統ある「富士」「はやぶさ」は、2005年のさくら廃止にともない、併結運転を開始しました。2008年現在、最後の東海道ブルートレインとして活躍しています。

編成は、純粋な14系寝台客車ではなく、24系寝台客車からの改造編入を含みます。モデルは、2007年に走行した編成を再現しています。

スハネフ14-5
オロネ15-3002
オハネ15-2004
オハネ15-6
オハネ15-1204
スハネフ15-1
スハネフ15-21
オロネ15-3004
オハネ15-2003
オハネ15-2
オハネ15-1102
スハネフ14-6

14系寝台客車(国鉄)

14系寝台客車(国鉄)

戦後の経済成長とともに日本人の体格が向上したため、寝台幅が52cmしかない20系寝台客車では狭いという問題が発生、広い寝台を備えた後継形式として開発されたのが、14系寝台客車です。昭和46年10月より瀬戸での運用が試験的に開始されています。昭和47年より本格的な運用が開始されました。

途中駅での分割併合運転を容易に実現するために、20系寝台客車で採用されていた専用の電源車両を用意する集中電源方式ではなく、通常客車の床下に発電機を搭載する分散電源方式を採用しているのが特徴です。しかし、この分散電源方式を採用したことが仇となり、47年の北陸トンネル火災事故を受けて、製造が打ち切られ、集中電源方式の24系寝台客車が48年に登場します。
しかし、集中電源方式の24系では運用に柔軟さが欠けるため、昭和53年にA-A基準を達成した14系15形が登場しています。

モデルは、国鉄末期の14系寝台客車です。14系14形と15形の主要形式をそろえています。オハネフ15-1は、後年更新工事により帯が白に変更されています。モデルでは、改造前の標準的なスタイルだったステンレス帯時代で設定しています。

オハネ14-7
オハネ15-6
オロネ14-3
オシ14-7
スハネフ14-5
スハネフ15-1

 

※画面写真は、複数のパッケージを組み合わせています。
※仕様は予告なく変更する場合があります。
JR九州商品化許諾済み