E231系500通勤形電車(山手線)

山手線へのデジタルATC導入にともない既存の205系を置き換える目的で登場した形式です。2002年より投入が開始され、2005年にデジタルATCに山手線がデジタルATC化されました。
登場時は、7号車と10号車に混雑対応のための6扉車が組み込まれていました。現在は、ホームドア設置のため、6扉車は廃止され4扉車が組み込まれています。新しく登場した4扉車は、E233系に製造が移行しているため、E233系をベースにE231系にあわせた設計になっています。
※第9B号は、6扉車が組み込まれた編成と4扉車が組み込まれた編成をそれぞれ収録しています。4扉車編成のクハにはホームドア対応機器が追加されいます。想定する時代設定にあわせて編成を選択してください。

E231系500通勤形電車(山手線4扉)

クハE230-529
モハE230-587
モハE231-587
サハE231-529
モハE230-586
モハE231-586
サハE231-629
モハE230-585
モハE231-585

サハE231-4629
クハE231-529


E231系500通勤形電車(山手線6扉)

クハE230-507
モハE230-521

モハE231-521
サハE231-507
モハE230-520
モハE231-520
サハE230-514
モハE230-519
モハE231-519
サハE230-513
クハE231-507

 

製品ページに戻る