鉄道模型シミュレーターNX 013
国鉄一般型気動車キハ48

キハ40、キハ47、キハ48は、昭和50年代初頭、老朽化が目立ってきた国鉄一般形気動車の置き換えを目的に開発された一般形気動車です。 国鉄の財政など諸事情により、当時の一般的な水準の設備に保守の省力化などを配慮した設計になっています。

基本的な車体構造は、急行形と同様になり、裾を絞った形になっています。ボックス席のシートピッチは、急行形相当になっています。 エンジンは、DMF15HSAで12系客車などの電源装置用エンジンを走行用に再設計しています。

国鉄キハ48


HD POLYGON

このモデルデータは、新しいGPU水準に合わせて、従来モデルの数倍の高精細ポリゴンで制作しています。細部ディティール、室内設備をポリゴンで実装しています。


発売日:2024/05/23


お求めは

家電量販店通販などダウンロード販売サイト、アイマジックダイレクトショップ、下記ダウンロード販売サイトなどにてお求めください。

ダウンロード販売サイト

準備中


国鉄一般型気動車キハ48

キハ48 6

0番台は、増備末期に登場した準寒地用の片運転台車両です。製造費を減らすため、500番台の一部装備を簡略化しています。

国鉄キハ48

国鉄キハ48

国鉄キハ48

基本的な構造は、500番台を踏襲しています。

国鉄キハ48

DMF15HSA、熱交換器など、賑やかな床下機器。

国鉄キハ48

水タンク、ベンチレーターをポリゴンで精密に再現。

国鉄キハ48

製品仕様

  • 1/150スケール
  • HD POLYGON : 座席、デフロスター、フィンなど再現した高精細ポリゴン仕様
  • 7mmレール対応可能
  • 保護柵をオプションで装着
  • 運転台貫通扉の幌をオプションで装着
  • 側面別にサボのテクスチャーを設定できます

キハ48 536

500番台は、寒地用の片運転台車両です。キハ40形を片運転台仕様にした形式です。

国鉄キハ48

国鉄キハ48

オプションで貫通扉の幌の状態を選択できます。

国鉄キハ48

DMF15HSAなど床下機器を精密に造形しています。

国鉄キハ48

水タンクをポリゴンで精密に造形しています。

国鉄キハ48

ベンチレーターは、取付台座、フィン形状をポリゴンで再現しています。

国鉄キハ48

製品仕様

  • 1/150スケール
  • HD POLYGON : 座席、デフロスター、フィンなど再現した高精細ポリゴン仕様
  • 7mmレール対応可能
  • 保護柵をオプションで装着
  • 運転台貫通扉の幌をオプションで装着
  • 側面別にサボのテクスチャーを設定できます

キハ48 1548

1500番台は、寒地用の片運転台車両です。トイレとトイレ用水タンクがない以外は500番台と同じ仕様です。

国鉄キハ48

国鉄キハ48

国鉄キハ48

オプションで貫通扉の幌、保護柵を設置できます。

国鉄キハ48

給気口のブレードはポリゴンで立体的に造形しています。

国鉄キハ48

客室内の座席を再現しています。

国鉄キハ48

国鉄キハ48

製品仕様

  • 1/150スケール
  • HD POLYGON : 座席、デフロスター、フィンなど再現した高精細ポリゴン仕様
  • 7mmレール対応可能
  • 保護柵をオプションで装着
  • 運転台貫通扉の幌をオプションで装着
  • 側面別にサボのテクスチャーを設定できます

  • VRMNX専用のパッケージです。VRMNX/VRMONLINE-NX(2022以降)以外(VRM5/VRMONLINEなど)では使用できません。
  • 画面写真は、開発中のものです。また複数のパッケージを組み合わせています。